還暦(かんれき)とは

スポンサードリンク

「うちのおばーちゃん、還暦なのよ!」
「あら長生きねぇ~」
とかって、お年寄りの入り口みたいなイメージを持つ方も多いかもしれませんがそれは昔の話。
人生130年時代も来るといわれている今では、還暦も道半ばのイメージになってきましたね。
還暦をお祝いするのは満年齢で60歳、数えで61歳です。
スキンケアやアンチエイジング、筋トレもしたりして見た目が実際の年齢よりも10歳以上若く見られる方も多くいらっしゃいます。
還暦ぐらいでお年寄り扱いされるのは早すぎる時代になってきている気がしますね。
ではそもそもこのお祝い、なぜ「還暦(かんれき)」と呼ばれているのでしょうか?

名前の由来

中国由来で暦の表示によく使われている、十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の組み合わせによる干支(かんし、えと)。
干支は60組あり、1年に一つずつ割り当てられています。
これが一周し最初の干支に戻ることを一区切りとしたお祝いが、還暦です。

スポンサードリンク

どのように祝うのか

昔は赤いちゃんちゃんこを着て赤い頭巾をかぶり、親戚が集まり食事会を開くようなお祝いをする風習がありました。
「赤」の色には縁起の良さや魔除けの意味があるということで赤いものを身に着けていたわけですが、「ちゃんちゃんこ」+「頭巾」は今の時代にはちょっと合わなくなってきていますね。
お年寄り感が増すのに気が引ける方が増えているんです。
それもあって、ちゃんちゃんこの代わりに赤いドレスやタキシードを着てお祝いする方もいます。
若々しく、スタイリッシュでいいですね!
「魔除けのドレス」ってゲームのアイテムにありそうですしね。笑

最近の60歳はぜんぜん若いので、お年寄り扱いをしてしまうと不快な思いをさせてしまう恐れもありますのでご注意を!
「ぜんぜん若いけど、節目として」のような言葉を添えて、本人が好きそうなちょっとした小物を贈るのがスマートかもしれませんね。
還暦のプレゼントとしてはモチーフとして赤を意識するのも良いと思います。

今年還暦を迎える有名人

今年還暦を迎える有名人の一覧です。
名前のリンクをクリックすると四柱推命による簡易占いも見れます。
更新が間に合わず情報が古い場合がございますのでご了承ください。

名前 誕生日 職業 wiki

還暦のタイミングはこちらで確認できます。
生まれた年ごとにリンクを用意していますのでご利用ください。

【去年】年齢早見表「西暦2020年(令和2年)版」 はコチラ
【来年】年齢早見表「西暦2022年(令和4年)版」 はコチラ
年齢早見表(今年版) はコチラ
年齢早見表(今年生まれた人用) はコチラ
年齢早見表(印刷用)のダウンロードページ はコチラ

スポンサードリンク